By Akira / 最後の更新 2021年07月07日

Windows Server 2012でCドライブの容量が不足

多くのユーザーは、Windows Server 2012(R2)のCドライブが容量不足になり、システムの起動、ドキュメントのオープン、ソフトウェアのインストール、ゲームの読み込みなどに悪影響を与えています。サーバーでの作業やその他の作業に集中しているときに、ディスク容量不足の警告がポップアップ表示されます。さらに悪いことに、会社にサービスを提供するサーバーのスペースが不足しているの場合、ホストコンピュータとクライアントコンピュータの重要なデータも影響を受ける可能性があります。

したがって、Windows Server 2012のCドライブは容量不足になると非常に多くの不便が生じるため、この問題の解決方法を見つけることが非常に重要です。

システムディスクの容量不足の原因

WindowsサーバーでCディスク容量不足の主な原因は:バックアップファイル、システム復元ポイント、ページングファイル、隠しファイル、および一部のソフトウェアの一時ファイルなど多くなったです。

システム復元ポイントは、Windows Server自動的作成されます。デフォルトでは、システムの復元ポイントはディスク容量の50%を占めるように設定されており、システムドライブに保存されています。
インストールされているソフトウェアの一時ファイルについては、一時ファイルを削除するか、そのソフトウェアをアンインストールして、ディスク領域を解放できます。

Windows ServerのCドライブ容量不足の解決策

この問題を3つの視点から説明し、対応する解決方法を紹介します。

解決策1.ディスクをクリーンアップする

ディスクのクリーンアップは、一時ファイルやその他不要なファイルを削除することで、Cドライブ容量が不足になる問題を解決できます。

1. ファイルエクスプローラーで、Cドライブを右クリックし、「プロパティ」を選択します。

プロパティ

2. ポップアップウィンドウで、「ディスクのクリーンアップ」をクリックします。

ディスクのクリーンアップ

3. 「削除するファイル」のところで不要なファイルにチェックを入れ、「OK」をクリックします。

削除するファイル

4. 「ファイルの削除」をクリックします。

ファイルの削除

解決策2.空き領域を割り当てる

WindowsサーバーのCドライブの容量不足は、パーティションサイズの制限が原因である可能性があります。Windows Server 2012の最小ディスク容量は32GB(システムパーティション)です。また、16GBを超えるRAMを搭載したコンピュータでは、ページング、休止状態、およびダンプファイル用により多くのディスクスペースが必要になります。時間の経過とともに、Cドライブは容量不足になります。

「コンピューターの管理」でCドライブを拡張できます。ただし、未割り当て領域がCドライブの後ろに隣接していない場合、またはハードドライブに未割り当て領域がない場合は拡張できません。ここでWindows Server OS用に設計されたパーティションマネージャーAOMEI Partition Assistant Serverを紹介します。このソフトは制限なくCドライブを拡張できます。操作手順は以下になります。

Serverの無料体験版 Win Server
安全かつ高速

1. AOMEI Partition Assistant Serverをインストールして、起動します。空き領域の多いパーティションを右クリックして「空き領域を割り当てる」を選択します。

空き領域を割り当てる

2. パーティションからカットする空き領域のサイズを入力し、宛先パーティションをCにパーティションに選択します。

空き領域のサイズ

3. この操作を実行するには、「適用」をクリックしてください。

適用

解決策3.より大きいディスクにアップグレードする

ハードドライブが古くて小さすぎでしたら、より大きなものにアップグレードすることをお勧めします。AOMEI Partition Assistant Serverの「ディスククローン」は、再インストールせず、データの損失なしに古いハードドライブから新しいハードドライブに移動できます。

1. AOMEI Partition Assistantをインストールして起動します。古いハードディスクを右クリックしてドロップダウンメニューから「ディスククローン」を選択します。

ディスククローン

2. ポップアップウィンドウで、ディスクをクローンする方法を選択して、「次へ」をクリックします。

クローンする方法

3. ここでターゲットディスクを選択します。ディスクがSSDの場合は、「SSDの性能を最適化」のところにチェックを入れてください。

SSDの性能を最適化

4. ターゲットディスクのパーティションのサイズを変更することができます(「セクターのコピー」では実行できません)。

 ディスクの設定を編集する

5. 「適用」をクリックしてから、「続行」をクリックしてください。

適用

6. コンピュータをシャットダウンして、BIOSで起動デバイスの優先順位を新しいハードドライブに設定します。または、古いハードドライブを取り外し、新しいドライブを取り付けたままにして、起動可能かどうかをテストすることもできます。

bootable

注:MBRとGPT間のハードドライブクローンは、ブートモードをLegacyとUEFI/EFI(MBRの場合はLegacy、GPTの場合はUEFI/EFI)の間で変更する必要があります。または、AOMEI Partition Assistant ServerでMBRをGPTに変換します

結語

AOMEI Partition Assistant Serverは、多くの便利な機能を備えたディスクパーティションマネージャーです。

AOMEI Partition Assistantそのほかのバージョン:Windows10、8.1/8、7、Vista、XPのユーザーの場合、AOMEI Partition Assistant Professional版を使用してください。また、社内の台数無制限のPC&Serverで利用可能なAOMEI Partition Assistant Unlimited版もあります。更に、AOMEI Partition Assistant Technician版を購入するIT専門家、システム管理者、技術者はクライアントに技術サポートを有償サービスとして提供することができます。ニーズに応じて適切なバージョンを選択しましょう~ ▶AOMEI Partition Assistant異なるバージョンの比較