Byゆき / 最後の更新日時 2019年08月06日

UEFI GPTシステムの組み合わせは、従来のMBR BIOSシステムの組み合わせと比べてより良いです。

GPTはパーティションの数に制限がないためです。MBRは最大4つのプライマリパーティションだけをサポートします。GPTは2TB以上のパーティションサイズをサポートできます。それはMBRディスクの最大パーティションサイズを超えます。

1つのUEFIの利点はシンプルな操作です。UEFIはBIOSインタフェースの概念と違い、操作インタフェースをWindowsのように使いやすくさせます。マウスは入力機器としてキーボードを置き換えます。機能モジュールはWindowsプログラムみたいです。

UEFIは拡張性の他に優れた互換性もあります。それは保護MBRパーティションを設計し、新しいGPTパーティションを完全にサポートするためです。

そのため、UEFI GPTシステムは良い組み合わせだと思っています。より多いWindows 7/8/10ユーザーはこの組み合わせを好みます。しかし、この組み合わせはどんなに良くても、使用する時まだ何らかの問題があります。例えば、UEFI GPTに基づいてインストールされたWindows 7/8/10があり、そのシステムパーティションは容量不足になります。こういう時どのようにUEFI GPTシステムパーティションをリサイズしますか。

UEFI GPTシステムパーティションを簡単かつ安全にリサイズするために、Windowsの内蔵ツールより専門的なサードパーティ製のパーティションソフトウェアを使用することを推薦します。その名前はAOMEI Partition Assistantであり、UEFI GPTの組み合わせを完全にサポートします。最初AOMEI Partition Assistant Standard Editionを無料でダウンロードし、それはどのように作業するかを見てみましょ。

1番目のケース:

システムパーティションの後ろに未割り当て領域があります。Cドライブを右クリックして「パーティションをリサイズ」を選択します。

パーティションをリサイズ

スライダを右にドラッグしてシステムパーティションを拡張します。

調整

主なメニューに戻ります。「適用」をクリックして保留中の操作を実行します。

aplly

2番目のケース:

システムパーティションの後ろに未割り当て領域がありません。Eドライブを縮小して未割り当て領域を作成するか、まずEドライブを削除し、そして1番目のケースのように操作します。

AOMEI Partition AssistantはWindowsの内蔵パーティションマネージャを完全に代替できます。その強力な機能は基本的なパーティション操作と専門的なパーティション操作を含みます。それを使用して操作を最適化し、時間を節約するだけでなくデータを保護できます。

今、新しいバージョンがリリースされ、「Windows To Go Creator」という素晴らしい機能を追加します。どんなエディションでもポータブルWindows 8を作成できます。そしてどこでもWindows 8を持てます。