Byゆき / 最後の更新日時 2019年08月07日

今、SSDドライブはそのメリットで益々普及しています。例えば、それはより速くて頼もしいです。またその電力消費量がより少ないです。しかし、SSDというと、すべての人はそれをよく知っているわけではありません。特にSSD Trimについてどのくらい知っていますか?

SSD Trimとは

SSD Trimとは何かを知っているために、まずSSDがどのように動作するかを知っている必要があります。SSDは従来のHDDに似ていますが、異なる方法でデータを記録します。一般的なSSDはNADAフラッシュメモリを使用してデータを保存します。そしてフラッシュコントローラを使用してメモリをホストコンピュータに接続します。SSDである場合、データはブロックに保存されます。

全てのブロックは1つ以上のファイルを含みます。私たちはブロックをノートブックに、ファイルをノートブックのページに準えます。必要ならばノートブック上のデータを消去できます。しかし、ページの上でデータを削除するのは本当の削除ではなく、そのデータに削除のマークが付いているだけです。

データはブロックだけで削除されることができます。時間が経つにつれてブランクページを使い終わってきます。より多いブランクページを必要として新しいデータを保存しようとしますが、削除したい書き込み済のページに直接書き込むことができません。この時、マークされたページはブロックとして集まります。そしてブロック全体は削除されることができます。

ブロック上のデータを削除したい時、この仕事はNADAフラッシュメモリの消去サイクルであるガベージコレクションに依存しています。1つのブロックに有効なデータと無効なデータを含むデータを満たす時、ガベージコレクションは作業を開始します。有効なデータは新しいデータの空間を作るために消去される必要があります。

そのため、フラッシュメモリコントローラはブロックの有効なデータを前に消去されたブロックにコピーし、無効なデータを無視してコピーしません。そして、最後のステップは元のブロック全体を消去して新しいデータを書き込むスペースを残すことです。

消去に時間がかかります。削除したいデータ量によって深刻な遅延を起こすかもしれません。幸いなことに、Trimはこの問題を解決できます。Trimコマンドを使うと、マークされたページを必要として完全に消去する前にOSはそれらを見つけることができます。ページにもう一度データを書き込む必要がある時、この方法で事前にデータを消去するのは時間を節約します。

注意:アイドル状態である時ガベージコレクションはSSDのだけに適用できます。そのため、アイドル状態である時コンピューターがスリープ状態ではないことを確認すべきです。また、ガベージコレクションはこの仕事に時間をかけます。でもアイドル状態である時、SSDはその高いレベルの性能を維持します。

オーバープロビジョニング(OP)

ガベージコレクションの前に、またはその間に有効なデータのコピーは2つ以上の場所に行われます。それはライトアンプリフィケーションと呼ばれます。OSによってカウントされない余分のデータを保存するために、フラッシュコントローラはいくつかの予備スペースを必要とします。これはOPと呼ばれ、全てのNADA SSDに重要な役割を果たします。

全てのSSDはOPの値があります。異なる値はストレージ総容量とパフォーマンスおよび耐久性における利益の間に決定されたトレードオフに依存します。SSDのOPの値はより低ければ、ユーザーはより多い情報を保存できます。しかし、OPエリアを薄く伸べすぎないことはライトアンプリフィケーションをより低くさせるかもしれません。それは書き込み時のより高い性能とフラッシュメモリのより高い耐久性に変換します。

Windows8/7でTrimサポートを有効にする方法

行う前に:

● OSはTRIMコマンドをサポートすることを確認します。

● お使いのSSDのファームウェアはTRIMをサポートすることを確認します。

最初、WindowsでTrimコマンドが既に有効であるかを確認します:

1.コマンドプロンプトウィンドウを開きます(管理者として実行します)。スタートボタン→すべてのプログラム→アクセサリ→コマンドプロンプトをクリックします。

2.コマンドプロンプトに「fsutil behavior query DisableDeleteNotify」を入力してEnterを押します。


2つの可能な結果があります:

● DisableDeleteNotify = 0 : TRIMは既に利用可能であり、Windowsで動作します。

● DisableDeleteNotify = 1 : TRIMは利用不可能であり、ステップ3のようにそれを有効にします。

3. WindowsでSSD TRIMサポートを有効にするために、コマンドプロンプトに次のコマンドを入力してEnterを押します:


fsutil behavior set DisableDeleteNotify

上述から、SSDが高い性能を持つのにトリムサポートは重要なことを明らかに知っているはずです。そのため、遅い書き込み速度に備えるために、SSDはTrimサポートを含むことを確認したほうがいいです。

関連記事: