AOMEI Partition Assistantでドライブ文字を変更

2021年05月11日

ドライブ上のファイルやフォルダにアクセスするためにドライブ文字(C:、D:など)をドライブに割り当てる必要があります。

ドライブ文字の変更について

ファイルやフォルダに正常にアクセスするには、Windowsは、通常、ほとんどのドライブにアルファベットの文字(例えば、C:、D:、E:など)を割り当てます。しかし、システムのアップグレード、または複数のハードディスクの接続は完了すると、それらのドライブ文字の間で混乱が発生することがあります。例えば、お使いのコンピューターに新しいディスクを追加すると、すべてのドライブ文字が自動的にWindowsシステムによって割り当てられます。正しい順序を整理し、特定の方法でドライブを認識したい場合は、最も効果的な方法はドライブ文字を変更することです。AOMEI Partition Assistantを利用してドライブ文字を好きなように変更することができます。

ドライブ文字を変更する前に

対象のパーティションに他の実行中のアプリケーションがある場合、AOMEI Partition Assistantはそれらを閉じます。この操作は、データの安全性を確保します。

ドライブ文字を変更する手順

ステップ 1. ターゲットパーティションを選択します。それを右クリックしてポップアップメニューを開きます、その後、 「詳細処理」 -> 「ドライブ文字を変更」をクリックします。

ドライブ文字を変更

ステップ 2. それから、下の写真のように新しいポップアップウィンドウが表示されます。新しいドライブ文字の後ろの小さなボックスをクリックして、新しいドライブ文字を選択します(文字が他のドライブに割り当てられない限り、ドライブに任意の文字を割り当てることができます。また、新しいドライブ文字何もを選択しない場合、ドライブ文字が削除されます)。

ドライブ文字を選択

ステップ 3. 新しいドライブ文字を選択した後、 「はい」 をクリックしてください、その後、新しいドライブ文字は、メインウィンドウに表現されます (示されているように、DからIに変更しました)。

はい

ステップ 4. 「適用」をクリックしてこの操作を確認します。

適用

注意

多くのプログラムとそのショートカットは、特定のドライブ文字を使用します。直接にドライブ文字を変更すると、これらのプログラムとショートカットの間違い動作を引き起こす可能性があります。システムがインストールされているパーティションのドライブ文字を変更することはできません。