不良セクタをチェックする方法

不良セクタ(英:bad sector)とはハードディスクまたはフラッシュメモリなどの記憶媒体において、何らかの障害によって利用できなくなったセクタです。ハードディスクの場合、記録面の磁力が劣化して、データの読み込みも書き込みも不能になる故障です。ただしハードディスク全域の話ではありません。セクタとは1回で読み書きできる単位であり、とてもミクロで部分的な故障です。

不良セクタがあれば、データの損失が発生したり、コンピュータの処理速度が落ちたりすることもあります。お使いのコンピュータのパフォーマンスを向上させるために、ハードディスク全体または特定のパーティションに不良セクタがあるかどうかを確認する必要があります。

AOMEI Partition Assistantの「不良セクタをチェック」機能でハードディスク上のエラーをチェックすることができます。また、AOMEI Partition Assistantの「パーティションをチェック」機能でパーティション上のエラーをチェックして修復することができます。

パーティションの不良セクタをチェックするには:

ステップ 1. チェックしたいパーティションを選択し、右クリックして「詳細処理」->「パーティションをチェック」をクリックします。

パーティションチェック

ステップ 2. エラーをチェックする方法を選択します。以下のスクリーンショットのように三つの選択肢があります。この例では「パーティション上の不良セクタをチェックします」を選択します。そして、「はい」をクリックして次のステップに進みます。

チェック方法

ステップ 3. 「開始」ボタンをクリックしてパーティション上の不良セクタをチェックします。

開始

ディスクの不良セクタをチェックするには:

ステップ 1. チェックしたいディスクを選択し、右クリックして「不良セクタをチェック」をクリックします。

不良セクタをチェック

ステップ 2. 「高速チェック」前のチェックボックスにチェックを入れることができます。そして「開始」ボタンをクリックしてディスク上の不良セクタをチェックします。