ハードディスク間でのクローンを作成する方法?

2021年11月12日

AOMEI Partition Assistantで別のディスクにハードディスクのクローンを作成することは、重要なデータをバックアップしたり、ハードディスクをアップグレードしたりすることができます。

なぜハードディスクのクローンが必要ですか?

ハードディスクのクローンは別のディスクにハードディスクの内容をコピーすることです。アプリケーションの標準セットで新しいコンピュータを提供する大企業にとっては非常に有用です。また、ディスククローンによって新しいものに古いディスクをアップグレードしたり、より高速なSSD(ソリッドステートドライブ)に遅いハードディスクを交換したりすることができます。また、ディスククローンは、システムやデータをバックアップする方法です。幸運に多くのファイルやフォルダがすべて同じディスク上にあり、それらを一つずつバックアップしたくない場合は、一度にディスク全体のクローンを作成する必要があります。それは、ファイルまたはフォルダの選択時間とコピー時間を節約できます。それも簡単で、退屈な作業の繰り返しを避けられます。

ディスククローン機能を知らずに、私はこの前に退屈な仕事を経験しました。それは大学に入って、自分のPCを持ったばかりのことでした。私は、コンピュータの使用に精通していなかったので私の誤った操作にデータ損失を避けるために、Dディスク上のすべてのものをUSBフラッシュドライブにバックアップしました。そして、ファイルやフォルダを一つずつコピーしました。時間もあまりにも長くなかったのでDディスクにあまりにも多くのものがなかったんですが、それはまだ作業を完了するためにほぼ全体朝かかりました。また、いくつかのファイルやアプリケーションが右メニューの「コピー」や「貼り付け」機能によって使用できません。私は、ディスククローンのサービスを知っていなら、愚かに作業を繰り返さなかったんです。さて、AOMEI Partition Assistantの助けで、それははるかに簡単かつ迅速になります。それでは、AOMEI Partition Assistantでディスクのクローンをどのように作成しますか?以下のテキストに従ってください。

実行する前に

ターゲットハードディスクまたはSSDには未割り当て領域があることを確認してください。選択したディスクコピー方法により、未割り当て領域が使用されてた領域またはソースディスク以上である必要があります。

AOMEI Partition Assistantは、ハードディスクのクローンを作成する2つの方法を提供しています:ディスクの使用済み領域だけコピーする「ディスクの高速コピー」&使用されているか否か、ディスクのすべてのセクターをコピーする「セクタ単位コピー」です。

別ディスクへのHDDクローン方法をご案内します

ヒント:次は、「ディスクの高速クローン」を例とします。ターゲットディスク上の未割り当て領域は、ソース・ディスク上の使用済み容量と同等またはそれ以上でなければなりません。まず、AOMEI Partition Assistant Professionalをダウンロードしてください。

ステップ 1. AOMEI Partition Assistantをインストールして起動します。コピーするハードディスク(ここではディスク1)を右クリックしてドロップダウンメニューから「ディスククローン」を選択します。

ディスクをコピー

ステップ 2. ポップアップウィンドウで、ディスクをクローンする方法を選択して(ここでは、「ディスクの高速クローン」を選択する)、「次へ」をクリックします。

ディスクの高速クローン

ステップ 3. 次のウィンドウで、ソースディスクのデータを保存するターゲットディスク(未割り当て領域)を選択して、「次へ」をクリックします。ターゲットディスクを選択する際に、その大きさに注意してください。そのサイズは、コピーしようとしているデータのサイズと少なくとも等しいまたはそれ以上であることを確認してください。

ターゲットディスクを選択

★ヒント:
選択したディスクがSSDストレージである場合、SSDの読み速度や書き速度を向上させるには「SSDの性能を最適化」をチェックすることができます。
ターゲットディスクにはパーティションがある場合、それらは削除されます。そのため、これらのデータは重要なら、AOMEI Backupperを使用して、それらのバックアップを作成してください。

ステップ 4. このウィンドウでは、ターゲットディスク上のパーティションのサイズを調整することができます。「元のサイズのままコピーする」「コピー先に合わせる」それに「手動で編集する」3つのオプションがあります。調整を終えた後、「次へ」⇒「完了」をクリックしてください。

パーティションのサイズを調整

ステップ 5. 「保留中の操作一覧」でディスクのクローン操作をプレビューすることができます。保留中の操作を実行するには、「適用」をクリックしてください。

適用

「セクタ単位のクローン」の詳細な手順は、「ディスクの高速クローン」のとほぼ同じです。違いがステップ2とステップ3です。ステップ2で、コピー方法として「セクタ単位のコピー」を選択する必要があります。ステップ3で、コピー方法の原理によって、ソースディスクの使用済み領域のサイズがどれほどと関係なく、ターゲットディスクのサイズはソースディスクのサイズと同じまたはでそれ以上であることを確認する必要があります。残りの操作は、「ディスクの高速クローン」のと全く同じです。

★注意:
クローンしたいハードディスクには、システムブートパーティションが含まれている場合、操作は「PreOSモード」で完了されます。 AOMEI Partition Assistantが役立つので、PreOSモードに入って操作する方法がわからないことを心配する必要はありません。唯一のことは、ガイドに従うことです。
HDDをコピーしたり、OSをGPTディスクからMBRに移行したりするには、MBRパーティションスタイルの制限を考慮する必要があります。MBRは、最大4つのプライマリパーティションをサポートし、2TB以下をサポートします。
削除または失われたファイルは、「セクター単位のクローン」方式でのみターゲットハードディスクにクローンできます。
AOMEI Partition Assistantは、ディスククローンに加えて、特定のパーティションをクローンするための「パーティションクローン」も提供します。
ダイナミックディスク、オフラインディスクをターゲットディスクとして設定できません。