パーティションをクローンする方法

パーティションとは何ですか?

コンピュータ上のハードディスクを複数の独立した区画に分割すること、および分割された区画のことをパーティションといいます。C、D、E、Fなどの1文字のアルファベットをドライブ文字としてパーティションごとに割り当てることができます。

なぜパーティションクローンが必要ですか?

大切なパーティション内のデータを失わないように、「パーティションクローン」を利用してパーティションを別の場所にバックアップしたり、移行したりすることができます。パーティションクローンは、バックアップを作成するほか、異なるコンピュータに同じパーティションを作成することもできます。

「この前、私の友人の一人は、データ損失に遭いました:彼はいつも写真、ビデオ、音楽などの個人データをDパーティションに保存します。ある日、彼は自分のPCを起動する時にDパーティションが正しく動作しません。Dパーティションに何か問題があるか心配します。彼はDパーティションをチェックしようとしますが、残念ながら、それを開くことができません。様々な方法を試してみても、依然として開けません。最後に、修理店に自分のコンピュータを持って行きます。お金がかかって、Dパーティションを開きますが、その上のデータが永久に失われてしまいます。彼はそのことに困って、貴重なデータのコピーを作らないことに後悔します。そのため、事故後、彼は常にパーティションクローンを作成します。」

上述の事例のように、データが保存されているパーティションをクローンするのは、データを保護するのに非常に重要です。パーティションクローンを作成するには、AOMEI Partition Assistantは最良のチョイスです。それはパーティションをよく管理できる専門ソフトウェアです。次は、AOMEI Partition Assistantでパーティションをクローンする方法を見てみましょう。

◎実行する前に:

√パーティションのクローン先として未割り当て領域のみ選択することができます。未割り当て領域がない場合、不要なパーティションを削除するか、別のパーティションを縮小して未割り当て領域を取得することができます。

√クローン元のパーティションで他のアプリケーションが実行されている場合、AOMEI Partition Assistantは、それらのアプリケーションを閉じるか、PreOSモードでパーティションクローン作成を実行します。

◎パーティションをコピーするには:

ステップ 1. AOMEI Partition Assistantを起動し、メイン画面でクローンしたいパーティションを右クリックし、「パーティションをクローン」を選択します。

パーティションクローン

ステップ 2. ポップアップウィンドウで、パーティションをクローンする2つの方法があります。

●「パーティションの高速クローン」パーティションの使用済み領域だけをコピーし、コピー中にクローン先のパーティションのサイズを変更することができます。(お勧めの方法)

●「セクタ単位のクローン」それが使用されているかどうかにかかわらず、パーティション全体をコピーします。これはかなり長い時間がかかります。

適切な方法を選択して「次へ」をクリックします。

クローン方法

ステップ 3. 次のウィンドウで、ソースパーティションを保存する場所(未割り当て領域)を選択します。そして「次へ」をクリックします。

※注意:ここでは「SSDの性能を最適化」オプションがあります。パーティションをSSD(ソリッドステートドライブ)にクローンする場合、このチェックボックスにチェックを入れて、SSDの読み書き速度を向上させることができます。また、SSDの寿命を延ばすこともできます。

SSDの性能を最適化

ステップ 4. 以下のスクリーンショットの通り、ニーズに応じて、ターゲットパーティションのサイズを調整することができます。また、このステップを直接スキップすることもできます。

パーティション編集

ステップ 5. メイン画面に戻って、ツールバーの「適用」をクリックしてパーティションのクローンを実行します。

注意

※注意:

●「パーティションの高速クローン」を選択した場合、未割り当て領域(クローン先)は、ソースパーティションの容量よりも小さくてもいいですが、ソースパーティションの使用済み領域より大きい必要があります。「セクタ単位のクローン」モードを選択した場合、未割り当て領域(クローン先)は、ソースパーティションに等しいか、またはより大きくなければなりません。

●システムパーティションをクローンする場合、操作がPreOSモードで完了する必要があります。