AOMEI Partition Assistantでパーティションを作成する方法

2020年11月05日

Windows10/8/7で新規パーティションを作成する方法は何ですか?AOMEI Partition Assistantを使用して未割り当て領域がなくても、新しいパーティションを作ることもできます。

パーティションの作成について

パーティションを作成するのは、ディスクを再分割して、ディスクの構成を変更することです。ハードディスクに新しいパーティションを作成したら、異なる種類のデータを異なるパーティションに保存することができます。

パーティションを作成する利点は何ですか?

●ディスク上に複数のパーティションを作成したら、OSとデータを別々のドライブにすることができます。万が一、OS側のドライブ(通常Cドライブ)がクラッシュしても、 データ側のドライブ(D、Eなどのドライブ)を守ることができます。※Cドライブが修復不能という最悪な状態に陥り、OSやアプリケーションの再インストールが必要となった場合、通常はディスク全体をフォーマットしてからインストールすることになります。しかし、パーティションを設定しておけば、データドライブはそのままに、OSやアプリケーションだけをインストールし直すことができます。

●また、複数のパーティションを作成したら、クラスタのサイズを小さくすることができます。クラスタサイズが大きくなると、無駄なスペースも大きくなるので、クラスタサイズの縮小はストレージを効率良く使用することができます。※ディスクドライブにおけるクラスタは、ファイルシステムのファイルやディレクトリに割り当てられるディスク上の単位です。

●そのほか、複数のパーティションを作成したら、マルチブート環境を構築することができます。※マルチブートは、1台のコンピュータに接続された複数のパーティションに複数のオペレーティングシステムをインストールし、どれかを選んでブートすることができるという状態です。

1台のディスクに複数のパーティションがあれば、コンピュータをより便利かつ簡単に管理することができます。もし、ディスク上に一つだけのパーティション(例えば、Cドライブ)が存在している場合:

×Cドライブがフォーマットされる時に、ディスク上に保存されているすべてのデータが削除されます。

×システムドライブにあまりにも多くのデータがあるので、パソコンの処理速度がだんだんと遅くなっていきます。

上記の理由を考えてみると、ハードディスクに複数のパーティションを作成する必要があります。

パーティション作成の前に

既存パーティションの数を確認してください。

◎MBRディスクの場合には、最大4つのプライマリパーティションまたは3つのプライマリパーティションと1つの拡張パーティション(拡張パーティションの中には、任意の数の論理ドライブを作成することができます)を作成することができます。パーティションの数が既に上限に達している場合、プライマリパーティションを論理ドライブに変換することができます。

◎GPTディスクの場合には、パーティションの数に上限はないため、好きなようにパーティションを作成することができます。4つ以上のプライマリパーティションを持つことができます。しかし、実際の状況にパーティションを128個しか作成することができません。

パーティションを作成する手順

AOMEI Partition Assistantは、パーティションを作成するのに2つの方法を提供しています。適切な1つを選択してください。どちらの方法を選択しても、まずはAOMEI Partition Assistant Professionalをダウンロードし、インストールし、起動する必要があります。そして、次のガイドに従ってください。

方法1:未割り当て領域で新規パーティションを作成

ステップ 1. AOMEI Partition Assistantの主な画面で未割り当て領域を右クリックしてドロップダウンメニューから「パーティションを作成」を選択します(未割り当て領域がない場合、方法2に移動してください)。

パーティションを作成

ステップ 2. ポップアップウィンドウでパーティションサイズ、ドライブ文字、ファイルシステムを指定できます。更に、「詳細」をクリックして、パーティションラベル、パーティションタイプなども設定できます。そして「はい」をクリックして続行します。

新規パーティションの設定

ステップ 3. これで、作成された新しいパーティションの情報が表示されます。ツールバーの「適用」をクリックして新規パーティションの作成を実行します。

適用

※ヒント:

●ファイルシステムを「NTFS」に設定することをお勧めします。

●ドライブ文字を「なし」に設定した場合、パーティションは非表示になります。つまり、そのパーティションはエクスプローラーからアクセスできません。

方法2:未割り当て領域がない場合、既存のパーティションの中に新規パーティションを作成

未割り当て領域がなくても、AOMEI Partition Assistantは、既存のパーティションの中に新しいパーティションを作成することができます(この方法を使うと、既存のパーティションのサイズが減ります)。

ステップ 1. AOMEI Partition Assistantの主な画面で十分な空き領域がある既存パーティションを右クリックして、ドロップダウンメニューから「パーティションを分割」を選択します。

パーティションを分割

ステップ 2. ポップアップウィンドウでは、新規パーティションのサイズとドライブ文字を指定できます。更に、「詳細」をクリックして、パーティションラベル、ファイルシステム、パーティションタイプなども設定できます。そして「はい」をクリックして続行します。

新しいパーティションの設定

ステップ 3. これで、既存のパーティションから分割された新しいパーティションの情報が表示されます。ツールバーの「適用」をクリックして新規パーティションの作成を実行します。

パーティション分割実行

※ヒント:

●SSDにパーティションを作成する場合、「SSD最適化のためにパーティションを整列」前のチェックボックスにチェックを入れることをお勧めします。

●MBRディスクの上にすでに4つのプライマリパーティションが存在している場合、「パーティションを分割」でシステムパーティションに新しいパーティションを作成することはできませんが、ほかのデータパーティションに新しいパーティションを作成することができます。しかし、選択したプライマリパーティションは自動的に論理ドライブに変換され、作成された新規パーティションも論理ドライブとなります。