AOMEI Partition AssistantでHDDを高速分割する方法

2021年05月12日

AOMEI Partition AssistantでWindows PC/ServerまたはWindows PEシステムのHDDを高速・ワンクリック分割する方法を学びます。それを利用して、パーティションを既に含んでいるディスクまたは新しいHDDを分割するのはとても便利です。

AOMEI Partition Assistantの「高速分割」の概要

AOMEI Partition Assistantの「高速分割」は特に高速でHDDを再分割するためにデザインされています。それはWindows PC/ServerとWindows PEシステムに滑らかに動作できます。新しいHDDを分割するほか、既にパーティションを含んでいるHDDを再分割するにも適用されます。ユーザーは各パーティションのサイズ、種類、ボリュームラベルなどを指定できます。

数回のクリックで、HDDを分割できます。もし、デフォルトのパーティション数、種類、ラベルなどを変更したくないなら、「高速分割」ウィンドウを開いて「分割を開始」をクリックするだけでOKです。そして、ディスクは高速に再分割されます。

この機能を使用するために、分割したいディスク(ここではディスク2です)を右クリックして、ドロップダウンメニューから「高速分割」を選択します。あるいは、左側のナビゲーションパネルでもこのオプションは見つけられます。

高速分割

「高速分割」ウィンドウは以下のように表示されます。

設定の変更

「高速分割」のについての詳しい説明

1. ディスクの選択

AOMEI Partition Assistantのメイン画面に戻らず高速分割を実行するディスクを再選択することができます。Windows環境でお使いのシステムディスクを直接に再分割することができません。システムディスクを高速に分割するためにAOMEI Partition Assistantブータブルメディアを作成して、それからコンピューターを起動することをお勧めします。

※警告:選択したディスクの上にパーティションがある場合、操作を実行した後、そのディスク上の既存パーティションはすべて削除されます。

2. パーティションの数

「ディスクの選択」の下でパーティションの数を好きなように選択できます。

●「1、2、7、8、9、10」のキーを押して、パーティションの数を速やかに選択することができます。

●また、マウスクリックでパーティションの数を選択することもできます。

選択した後、指定したパーティションの数はすぐにダイアログボックスの右側に表示されます。

3. ディスクのタイプ

この部分で、ディスクの種類をMBRまたはGPTから選択できます。「MBRの再構築」にチェックを入れるかどうか選択できます。そして、パーティションアライメント調整のためにどのセクタがいいか選択する必要があります。

●MBR:それはディスクの容量に最大2TBをサポートします。2TB以上のサイズを持っているディスクにとって、MBRを選択するのはディスクのスペースを無駄にします。

●GPT:2TBを超えるディスク、やUEFI/EFI起動モードをサポートするコンピューターのために、GPTを選択するのをお進めします。

●MBRを再構築:ブートマネージャーはディスクのMBRをベースにする場合、パーティションテーブルをそのまま保持する必要がある場合、このオプションをチェックしないほうがいいです。

●パーティションを整列:一般的にSSDの場合は、4Kアライメント(即ち8セクタ)を選択します。このオプションはHDDに大きな影響を与えないので、そのまま放っておいてもいいです。

4. パーティションのパラメータ

「パーティションのパラメータ」はファイルシステムの種類、パーティションのサイズ/ラベル、プライマリパーティションであるかどうかなど、パーティションの基本的な情報を表示します。

●パーティションのサイズを変更:このプログラムは、ディスクのサイズによって各パーティションのサイズをデフォルトで設定します。手動で各パーティションのサイズを入力して、指定することもできます。「デフォルトサイズ」をクリックしたら、デフォルトサイズになります。

●パーティションのファイルシステムを選択:NTFSとFAT32を選択できます。FAT32は2TB以上のパーティションをサポートしません。また、4GB以上のファイルを保存できませんが、良い互換性があります。NTFSは2TB以上のパーティションをサポートするし、4GB以上のファイルを保存できます。安定性と安全性はより良いです。一般的にNTFSファイルシステムを使用することをお進めします。

●ボリュームラベルを選択:このプログラムは各パーティションのためにラベルをデフォルトで設定します。ユーザーは手動でそれらを変更できます。「すべてのラベルをクリアする」をクリックしたら、すべてのボリュームラベルを削除します。そして、自分でラベルを設定します。

●プライマリパーティションであるかどうか:パーティションをプライマリパーティションにしたいなら、「プライマリパーティション」にチェックを入れます。したくないなら、チェックしません。MBRディスクに4つのパーティションを作成したいなら、それらを全部プライマリパーティションに設定できます。もし、4つ以上のパーティションを作成したいなら、多くとも3つのプライマリパーティションを設定できます。このオプションはGPT(GUIDパーティションテーブル)ディスクに対して無効です。GPTディスク上のパーティションはすべて「プライマリパーティション」として設定できます。

すべての設定が終わったら、分割するディスクのパーティションレイアウトはプレビューできます。「分割を開始」をクリックして高速分割をワンキーで実行します。ディスクに既存のパーティションがある場合、以下のようなメッセージが表示されます(ディスクにパーティションがない場合、メッセージが出ない):

はい

「はい」をクリックして継続します。または「いいえ」をクリックしてキャンセルします。

5. プリセット

高速分割を常に使用するユーザーにとって、このオプションをチェックすると、非常に便利です。次回にこのプログラムを実行する時、直接に「高速分割」ウィンドウに入ります。その後、左下にある「プリセット」ボタンをクリックして、パーティションの数とサイズをプリセットの設定で直接に分割できます。それは、定期的にHDDを分割したり、大量のコンピュータのために同じパーティションレイアウトを作成したりする必要があるユーザーにとってとても便利です。常にWindowsをインストールして、HDDを分割するユーザーは好きなパーティションの数とサイズを予め保存できます。そのため、次の時、保存した設定を直接に使用して、高速分割を実行できます。プリセットのインターフェイスが以下の通りです。

プリセット

「プリセット」は「高速分割」のデフォルト設定にも適用されます。例えば、プリセットを有効にして「6パーティション」を選択する場合、「高速分割」では6をパーティション数としてデフォルト選択します。「プリセット」の右側で、最初の5つのパーティションサイズを調整できますが、最後のパーティションのサイズは調整できません。

「すべてのボリュームラベルを削除」オプションは各パーティションのデフォルトラベルをすべて削除します。「すべてのボリュームラベルを削除」にチェックを入れる場合、プログラムは任意のラベルをパーティションに付けません。自分でボリュームラベルを設定することができます。

設定が終わったら、「設定を保存」をクリックして、プリセットを保存します。このプリセットのプロフィール(part.ini)はAOMEI Partition Assistantのインストールディレクトリに保存されます。ブータブルメディアからコンピューターを起動する場合、このファイルはブータブルデバイス(通常はUSBフラッシュドライブです)のルートディレクトリに保存されます。

ノート:プリセットを有効にする場合、最後のパーティションサイズは自動的に設定されます。つまり、そのサイズを指定できません。例えば、3つのパーティションを作成する場合、一番目と二番目のパーティションのサイズを指定できます。最後の三番目のパーティションは自動的に残りのディスク容量を使用します。

6. その他

「プリセット」ボタンの後ろにアイコンがあります。それをクリックして、このプログラムは以下の写真のように高速分割のライトモードに移動します。それはより簡潔です。

その他

ライトモードの下で、分割するディスク、パーティション数、パーティションサイズ、ファイルシステムとパーティションラベルを選択できます。そして、残りの設定をデフォルトとして保持します。同時に、アイコンをクリックしてプリセットします。フルモードに戻したいなら、同じアイコンをもう一度クリックします。